デビル仁、起き攻め色々

デビル仁

今回はデビル仁の起き攻めを色々試したので、備忘録として記事を書いた。

対戦中、相手の起き上がりに鬼鐘楼を合わせようとしたが、間に合わず逆にスプリングキックを食らってしまった。なんて事がたまにある。明らかに間に合わないケースだったり、こちらの起き攻めがワンパターンなってしまい、読まれたり。原因は色々あるだろう。

今回は起き攻めをなるべく効率よく当てるにはどうしたら良いのか?起き攻めのパターンや、起き攻めに持っていくやり方を考えてみた。

先ずはデビル仁でコンボ等からの起き攻め

デビル人のコンボには色々あるが、起き攻め重視で行くなら、やはり最風締め、鬼八1発止め、無間羅刹辺りが良さそう。後は、飛魂蹴ヒット後。

感覚的には奈落からのコンボや追い突きからのコンボは無間羅刹締め。最風や鐘楼カウンター等の馬頭2発止めを含めるコンボなら最風締めか鬼八1発止めが良さそう。

これらで締めた後に何をするのが良いか?検証。。。

鬼鐘楼

起き攻めに超便利な鬼鐘楼。寝っぱなしにも当たるから便利。起き上がり蹴りに対して何度かカウンターが取れた。だが、何度も喰らってはくれず、スプリングキックには負ける。スプリングキック多めの人には注意が必要。相手の体力が少ないシーンではスプリング暴れが多い気がする。飛魂蹴に関してはヒット後は確定なので鬼鐘楼で安定。(シーズン3は確定ではない)

 

奈落

これも鐘楼とほぼ同じでスプリングキックには負け。また、少し遅れると、フラヒとかJS早目の技で潰される事もあった。

また、受け身でどちら側かに転がられるとスカッたので、一回スカッたら、弱点を知っている人かもしれないので注意。どうしてもしゃがまない相手で当てに行きたいのなら、少しダッシュしてから打つか?

 

白露1発止め

これはなかなか難しい。。最風締めの後にダッシュして出すと何度かスプリングキックを拾ってコンボにいけたが間に合わない場合も多いので安定はしなかった。最風〜最風〜無間〜馬頭2発止め66〜最風のコンボでやってみたが、最後の最風で距離が離れてしまう。なので少しコンボダメージを抑えて最後の距離が近い状態でやった方が良いかも。

 

叫喚閃空

上手い具合に起き上がりに当たるとそこからコンボがあるので美味い。但し、転がられるとスカるので受け身や、転がり多目の人には注意。

 

まとめ

ここには書かなかったが、腓骨抜きや皿砕き等、最後の削りなんかでは低リスクで便利な技もある。また、クマパンには荒魂が寝っぱに当たる。

こういうのも使い分けていった方が良いかと思う。何故なら、腓骨で倒せるのに奈落をガードされて浮かされて逆転負けとか、地味にこういう部分が甘いと勝率も上がってこないのではないだろうか。

なかなか、思い通りにはいかないが、相手が起き上がり攻撃をしてこないようなら、状況に応じた技をチョイスして、積極的に起き攻めをやってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました